50代女性におすすめの美容クリーム

50代女性におすすめのクリームってどんなクリーム?女性ホルモンが減少する更年期世代には突然お肌のかゆみや乾燥が酷くなることもあります。そんな時に化粧品をどう選べば良いの?クリームを選ぶためのポイントや体験談などを載せました。

50代女性の化粧品や美容クリームの選び方

f:id:svam6485:20170610112501p:plain

更年期世代、40代・50代女性の化粧品やクリームの選び方

 

更年期世代に入ると、女性ホルモンが減少してきます。

 

この影響は身体だけではなく、肌にも様々な変化が表れてきます。

 

年齢を重ねるにつれて肌が乾燥し易くなったり、今まで使っていた化粧品が合わなくなり、かゆみが出たり、これ迄とは違う肌のトラブルに悩まされることが出てきます。

 

私の場合の肌トラブルは、閉経後の49歳後半から始まりました。

 

まず今迄使っていた化粧品が合わなくなってきたのです。

 

これ迄はデパートの有名な外資系化粧品を使っていましたが、化粧水や乳液を肌につけると今までに感じたことの無い、刺激のような違和感をがありました。

 

つけた後暫くすると徐々に肌が熱を帯びてきて何となく赤みがあります。

 

これは普通ではないと感じ、ぬるま湯で顔を洗い急いで化粧水や乳液を洗い流しました。結局、私の肌は敏感肌になっている状態だったのです。

 

更年期を迎えると女性の肌は、敏感になったり乾燥したり、人それぞれの肌トラブルが生じやすくなります。

 

皮脂が減り、そしてハリや艶が無くなってきます。肌の色もくすみがちになり、メイクが映えなくなりました。

 

鏡を見るとすごく老けた人がいました。それは私でした。

 

そこで私は化粧品を見直すことにしました。

 

50代の私がまず変えたのは美容クリームでした。

 

f:id:svam6485:20170610112733p:plain

更年期の肌は保湿が大事!50代女性はクリームから変えるのがおすすめ

 

最近のエイジングケアの化粧品は、機能がものすごく優秀です。

 

毎日しっかり保湿できるものを選ぶことが大事ですが、使い心地で選んで構いません。

 

 

使用感が良いものや、使ってみて自分が心地よいと思ったものは難しく考えずに使えば良いのです。

 

30代からの化粧品には、ほぼエイジング効果のある成分が化粧品には含まれていますから。

 

50代女性に人気の成分はプラセンタやセラミド入りの化粧品のようです。

 

でもすべての化粧品を買い替えるのは経済的にもとても大変です。

 

更年期世代は、一番保湿力が高く、効果の出やすい、油分と美容成分をたっぷり含んだクリームから買い替えるのをお勧めします。

 

ここでは更年期世代の肌トラブルを解決する3タイプの化粧品を紹介します。

 

 

◎自然派&敏感肌の化粧品

f:id:svam6485:20170610113443p:plain

女性ホルモンが減少することで、お肌の水分量が減り、乾燥が激しくなり、ちょっとしたことでもしたことでも刺激になります。

素材そのものの効能により、人間が本来持つ自然治癒力を高めつつ肌をケアしてくれる自然派の化粧品や、一時的に敏感肌用の化粧品に切り替えてみるのも一つの方法です。

 

肌に優しいクリームランキングはこちら

 

◎プラセンタ入りの化粧品

f:id:svam6485:20170610113238p:plain

プラセンタは動物の胎盤から抽出された成分でです。

赤ちゃんを胎盤で育てるために栄養分が豊富で、コラーゲンを生成し、免疫力を高める効果もあります。実際に更年期の症状を和らげてくれるので使用されています。

美白や若返り効果も注目さていてとても人気の成分です。

一度使われてみるといいかもしれません。

 

プラセンタ配合のクリームランキングはこちら

 

◎しみやしわに攻めたい人の化粧品

f:id:svam6485:20170610113512p:plain

更年期に入ると一気に顔がしぼんで老けたという声がよく聞かれます。

最先端の成分でしみやしわに攻めたいという人はこちらの化粧品がおすすめです。

 

最先端のエンジングクリームランキングはこちら

50代になると頬が痩せて貧相に見える!そんな時にも美容クリーム

f:id:svam6485:20170711072941p:plain

痩せて見えるのとやつれて見えるとでは違う!美容クリームでお手入れ!

 

50代に入ると、ほとんどの女性達が更年期を迎えます。更年期に入ると、体調や体形や精神面、そして肌にも様々な変化が表れてきます。

 

私の場合は一時心身ともに不調をきたしてしまい、体重が二か月で4kg近く減ったことがあります。久々に40kg台になり、暫く履けなくなっていた細身のパンツも楽に履けるようになって喜んでいました。

 

そんな折に同じ50代の友達にランチに誘われて出かけていったところ、私の痩せた姿に皆が驚いて「具合でも悪いんじゃない?」と口々に言い出すのです。「顔立ちが変わった。以前の方が良かった」とかまで言われてしまいました。

 

同性同士のチェックは厳しいし、ストレートに感じたままを言ってくるので、結構ショックでした。私は痩せて細身のパンツも履けるようになっていい気分になっていたのですが、あまりにも皆が心配していたので、ある日いつものようにメイクをした顔を携帯で自撮りしてみました。

 

写った自分の顔を見て、あらためてショックを受けたのです。私の顔立ちは目鼻の作りが割と大きな方で、目は二重瞼です。口はそれほど大きくはありません。顔型は面長なタイプです。肌の色はやや浅黒い方です。ファンデーションの色味は必ずオークル系を選びます。

 

さて、自撮りした自分の写真を見て何故ショックを受けたかと言いますと、まず目が落ちくぼんでしまっています。そして、頬の辺りがゲッソリと痩せてしまい、ふっくらとした感じが全く無いのです。

 

f:id:svam6485:20170711073146p:plain

痩せすぎる顔は50代の私の顔をより老けさせる

 

また、私の顔型が面長なので更に顔のやつれを強調しているのです。友達が言う通りだなあと、つくづく感じました。こんなにやつれて貧相な顔になっているとは思ってもいませんでした。

 

私は何とかしないといけないと焦りました。まず、今以上に痩せないようにするために食生活を見直しました。糖質やタンパク質をバランス良く食べるように心がけました。そして、次が肌のお手入れです。

 

体調が不調になった時期が夏だったので、肌の手入もオールインワンジェルだけですませたりして疎かになっていました。

 

美容液を新しく購入し、美容クリームも以前使っていたクリームよりもヒアルロン酸やコラゲーンが多く入っている美容クリームを購入しました。

 

お肌の手入の時に、乳液をつけた後美容クリームを少し多めに手にとり肌にのせて、下から上に持ち上げるような感じでマッサージしながら伸ばしていきます。

 

マッサージの方法は有藤美香さんというセラピストの方が書かれた本を参考にしました。マッサージすることにより肌の血流が良くなり顔色も良くなると書かれていました。

 

こうやって、食生活を見直し、肌の手入も日々ちゃんとするようになって一ヶ月過ぎる頃には体調も整い体重も増えだし頬にもハリが出てきて、健康的な印象を取り戻せるようになりました。

 

美容クリームを使ってお手入れをするようになってから肌のキメも整ってきてハリや弾力も戻ってきました。50代の女性の肌の手入にはやはり美容クリームが必要だと感じました。

 

メイクのノリも良くなり顔色も良くなったので、一時のような貧相な印象はほとんど消えていました。あらためて美容クリームの肌への効果を再認識しました。

 

美容クリームを使って肌の手入をするという行為自体も精神的な部分に、いい影響をもたらしてくれたと感じています。50代に入りますと、これ迄とは違った体や肌の変調が起きてきます。

 

そんな時でも美容クリームを使ってお手入れをしたりマッサージしていく習慣を続けていくと、気持ちも落着きます。50代の女性にとって、美容クリームでお肌の手入をするひと時は、女性であることを実感する大切な時間でもあると思います。