50代女性におすすめの美容クリーム

50代女性におすすめのクリームってどんなクリーム?女性ホルモンが減少する更年期世代には突然お肌のかゆみや乾燥が酷くなることもあります。そんな時に化粧品をどう選べば良いの?クリームを選ぶためのポイントや体験談などを載せました。

美容クリームに入っている「香料」は50代のお肌に悪い成分なの?

f:id:svam6485:20170702090224p:plain

50代の美容クリーム選び、香料アリ?無し?正解は…どっち!?

 

◎美容クリームに入っている香料ってどうなの?調べてみました

50代女性にとって毎日の必須アイテム、美容クリーム。
無香料のものから、しっかり香りのするものまでさまざまな種類がありますが、あなたが使用している美容クリームは…どんな香りがしますか?

 

肌が敏感に傾きがちな方にとって一番気になるのは、美容クリームに配合されている香料が肌にどういう影響を及ぼすか、ということだと思います。
気になりますよね。調べてみました。

 

・実は表示がとっても微妙、なんです
美容クリームの箱、手元にあるようならチェックしてみてください。多分下のほうに「香料」という言葉があるはずです。
でも香料って?正直言ってなんじゃらほい?状態です。なにが入っているのかさっぱりわかりませんよね。

 

そうなんです。そこが問題なんです。

香料、という表記で問題ない、という事実が問題なんです。(わかりづらい!?)

香りづけに使われているものはほとんど全てが「香料」と表記されます。


なので合わない成分が入っていても、実際に使ってみてトラブルが起こるまでハッキリとわからないのが現状です。

 

ただ中には例外もあって、自然由来の香料を使っている場合は、オレンジ油、ラベンダー油などのように表記されていることも。
すごく敏感な肌の方は、慎重にいきたいのであれば、そういうものを選んだほうがいいかもしれません。

 

実際問題、香料のせいでアレルギーを引き起こすことが多いのに。
なぜ表記を義務づけないのか、不思議なところです。

どんな香料を使っているかわからない美容クリームを使う際は二の腕とかに少量塗ってみて、パッチテストを行うといいかもしれません。


問題が起こらなければ顔にも使ってみる。そんな感じで段階を踏んだほうが肌トラブルは起こりにくいでしょう。

 

f:id:svam6485:20170701193241p:plain

50代女性の肌に美容クリーム配合されている香料は悪いわけではない

 

・香りは絶対悪!?なわけでもない
今までの流れだと香料=絶対悪みたいなイメージを感じる方もいるかもしれません。けれども、香りつきのクリームが肌によくないわけではないんです。


というのも、香りには「癒し効果」が期待できるんですね。いい香りで深呼吸しながらスキンケアすれば、心にも肌にもいい効果が。
なので、香料を頭ごなしに否定するのはナンセンス。使っていて心地よい、と感じるならば、それは「自分に合っている美容クリーム」なんです。

 

◎女性ホルモンアップ効果も!?美容効果が高い香りもあるんです

例えばバラの香り。女性ホルモンアップ効果や美肌効果も期待できるんです。
他にも不安や緊張をやわらげてくれる香りであるカモミール、美白効果が高くリラックス効果も期待できるラベンダー油、ニキビに効果があるティートゥリーなど香りがもたらす美容効果もあるんです。

香りって脳を刺激するんですよね。化粧品メーカーもこのことにすごく注目しているんです。


ストレスがやわらいだりリラックスできれば、それだけ眠りが深くなったり肌も身体も元気になりますから。自分の鼻を信じてみるのもアリかもしれません。

 

<まとめ>
肌がすごく敏感な方は慎重になったほうがいいかもしれませんが、香料=悪ではなく、香りも美容ツールのひとつなんだなと感じました。
毎日使うものですからね。どうせだったら肌への効果だけでなく癒し効果もほしいわけで。

ただ、感触は好きでも香りは嫌い、なんて美容クリームもやっぱりあるので、「運命の美容クリーム選び」はすごく難しいなと思いました。
自分にとって感触、香りともに合うものにめぐり合えたら最高ですね。